HOME >  秀衡塗とは

「秀衡塗」について -栄華を極めた平泉文化の象徴-

「秀衡塗」の呼称は、中尊寺(平泉町)やその周辺に昔から伝わる「秀衡椀」からとったものです。
「秀衡椀」は大振りな三ツ椀の入れ子椀で、その文様に特徴があります。
椀の上部には雲形を描き、金箔が貼られ、その間に草花や吉祥の図柄を配したユニークなものです。

その発祥については、「みちのくの王者」藤原秀衡が金色堂造営の折りに京の工人に命じて作らせたとあり、
このことは寛政年間に書かれた大槻玄沢の「磐水漫草」や黒川真頼の「工芸資料」などに「秀衡椀」として紹介され、
江戸の茶人にも珍重されたと記されています。
しかし、藤原氏が滅んで以来数百年の歴史は、未だ定かではありません。
とはいえ、金色堂や秀衡椀の創造はみちのくの金と浄法寺(現岩手県浄法寺町)の漆を使った漆器作りが
もとになったことは言うまでもありません。

江戸時代後期からは、中尊寺のすぐ裏手、衣川村増沢で、昭和30年頃まで漆器の集落が形成されていました。
しかし、ダム建設などの開発により、現在は、主に衣川村周辺において生産を行っています。
昭和60年には伝産法に基づく「伝統的工芸品」にも指定され、益々の発展を告げています。

出展:世紀の旅へ 生活に息づく岩手県の工芸、岩手県、日本の伝統工芸品館、 (財)伝統的工芸品産業振興協会